新着情報

チターに関する日々の活動や出来事をアップします
(画像をクリックすると大きくなります。)

    3月はコンサートがたんとあります!

    _MG_3725

    さて、皆様。今年の3月はチターコンサートがたんとございます! ドイツより世界的チター奏者トミー・テマーソンを招聘して3ヶ所でコンサートを開催いたします。 第1回は3月22日(土)に西宮市の芸術文化センターで、第2回は裾野市のチターハウスでランチを食べながらの予約演奏会を、そして第3回は伊東市のバウムホールで開催致します。その間には、トミー・テマーソンのアンサンブルセミナーや公開個人レッスン等イベントがたんとございます。 詳しくは、....


    ウィーンの森の物語(KAKO)

    IMG_0745

    ANZ会員の皆様・支えて下さるツィターファンの皆様 あけましておめでとうございます。 元日の夜、ウィーンと同時放映されたウィーンフィルのニューイヤーコンサート 御覧になった方も多い事でしょう。 今年は“ウィーンの森の物語”が作曲者ヨハン・シュトラウス(2世)の指示通り ツィターで、しかも昨年秋の来日も記憶に新しい、W.シャルフ先生によって演奏されました。 ....


    新年のご挨拶と富士山(S.Uchikoshi)

    fujisan

    皆様、明けましておめでとうございます。 毎年、今年こそ、チターが上手く弾けるようになる、と心に決めて新しい年を迎えますが、この楽器は決心したくらいではなかなかうまくなりません。今年も新年にあたり同じことを考えております。私のチター勉強場所は富士山のふもとにあります。 ....


    シアトル在住の新入会員

    シアトルからANZ入会を希望され、初めてよみうりの教室に見学に来られお会いしました。お話をしていて共通の親しい友人がいることが分かり不思議なご縁にビックリ!その場で入会されました。 それから毎月レッスンに来られるようになりました。 チター愛好歴はわたしよりずっと長く、深い見識をお持ちの方でした。 そしてとにかく熱心。3月のアンサンブルの楽譜をお渡しして「弾いてみても良いですよ」と申し上げましたら、「何事も基本が大事ですから、基本練習をまだ続けますからまだこれは弾きません。 (牛のお仕事をされているので)牛の飼育でも何でも基本をきっちりやっておかないと失敗するのです。アメリカの200....


    シャルフ教授の来日2(S.Uchikoshi)

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

      在日オーストリア大使公邸パーテイで演奏(10月26日) オーストリは10月26日が国慶日で、大使公邸でお祝いのパーテイが開かれ200人以上の人が招かれました。シャルフ教授はこのパーテイでチター演奏を行いました。 ....


    シャルフ教授の来日1(S.Uchikoshi)

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    シャルフ教授ご夫妻は10月23日から一週間の滞在のなかですべての予定をこなして10月29日に帰国されました。今回の来日は永谷音楽事務所の永谷さんがメインで、それに私と在日オーストリア大使館の文化フォーラム部がご協力する形ですべての計画を実行することができました。この中で私が関与したものについて簡単なご報告をさせていただきます。 ....


    リンツァトルテ(Mitsuko)

    IMG_2066

    堀内さんがシャルフ先生の出身リンツのお菓子を作って持って来て下さいました。リンツァトルテというメーキです。 ラズベリージャムを間に挟んでシナモンなどの香辛料をたくさん入れるそうです。堀内さんはドイツ語が堪能でお仕事でも活躍されていますが、ケーキ作りの達人です。 レパートリーも広くケーキ屋さんができるほどの腕前です。 ....


    最近感動の一枚

    先日浜松楽器博物館、天空のホールでWilfried Scharf のツィターコンサートが行わ れました。 ソロの他、デュオ、打越さんが加わってのトリオなど、楽しく聴けるものでしたがさすが、W.Scharf の演奏は“超絶技巧”とも聴こえるトレモロ奏法(これは実に合理的、かつ効果的奏法)を多用した編・作曲で、終わりの4曲は、終生、一“楽徒”に過ぎない私などには近づき難いものでした。 販売されていたCDを選ぶにも、これから弾けるかも知れない曲を探そう、という思いはきっぱりと諦めてWiener Blut (ウィーンの血) ハープ・ハックブレット・ギターそしてScharf のツィターで演奏してい....


    エリザベートの愛したチターとお菓子3(番外編)(春巴)

    DSC01543

    昨日、チターカフェコンサートも無事終わり、そして打ち上げも盛り上がり、結果飲み過ぎた我々は、朝、写真家の坂本潤一さんの写真スタジオにお邪魔しました。 坂本さんがポートレート写真を撮影して下さるというので、チターを持ってスタジオに向いました。他の撮影で込み合う中、スタジオを開けて頂きほんとうに感激です。惠藤先生と私も服を着替えて、どんなポーズになるか考えていた所、そこはさすがに数々の賞を受けられた坂本さん。チターを演奏するように言われました。ポーズは一切とらずにとにかくチターを演奏してくれという事でした。演奏していると坂本さんの指示でいろいろな照明が動いたり、背景が動いたりします。カメラも....


トップページに戻る