新着情報

チターに関する日々の活動や出来事をアップします
(画像をクリックすると大きくなります。)

    第三の男・ハリーライムのテーマ

    石原さんの「第三の男・ハリーライムのテーマ」曲の楽譜は大変見やすく弾きやすく書かれているのを見て 「これは教材に使える!」と思い、5月からの全員の課題にしています。 この楽譜は素晴らしいです。 そして、目標は全員「今年中に第三の男を弾けるように」。早速よみうりの教室で始めました。 初めから音符を一つづつ弾くのではなく、曲の分析・解説をしてから弾くと、初めてのレッスンで1ページが初見で弾くことができました。皆さん「いつかは弾きたいと思っていた」念願はかなえましょう。これかrのレッスンの進行の様子もお伝えしたいと思います。 クリスマスのころ、出来上がってみんなで弾くのも面白いですね。楽し....


    AKG小型マイクロホンのチターへの取り付けについて(S.Uchikoshi)

    今回のマークノイキルヒェン訪問で小型マイクの取り付け方を勉強してきました。 ヴュンシュでもいろいろ研究の結果、もっともよさそうなポイントを見つけてこれを 教えてくれました。これにより、E-Zitherの音よりもっとよい音が期待できることが 分かりました。私も実際にコンサートなどで取り付けてみてその結果を見てお教え します!! ....


    Wuensche ヴュンシュ チター工房 訪問記(S.Uchikoshi)

    私は、去る4月17日にドイツのマークノイキルヒェンにあります工房を訪ねました。 毎年4月にマークノイキルヒェンで行われるチター セミナーに参加するために行くのですが、いつも真っ先にヴュンシュを尋ねます。セミナー参加は今回8回目です。 フランクフルトから高速鉄道ICEとローカル鉄道を乗り継いで4時間ほどの旅です。 今回の工房訪問は私にとって二つの大切な目的がありました。 一つは、約半年前に注文しておいた新しいシャルフ モデルのチターを受け取ること、 もう....


    練習!(KAK0)

    長嶋茂雄・松井秀喜 両氏への国民栄誉賞授与式、素晴らしいでしたね。 その中で、98%は練習にかかっている。2%が才能。と。 ....


    カフェバンド コンサート

    昨日、唐崎のカフェハンドでの昼夜コンサートが終わりました。 オーナーの小林さんがチロルのお料理を心を込めて作ってくださったおかげで、チターとチロルのお料理で「本場のチロルに旅行した気分になった」と昼7人・夜10名のお客様はとても喜んで下さいました。 昼のデザートは「アイスパラチンケン」小林さんがチロル観光協会のHPで調べたところ、小林さんが幼いころお父さんに連れて行ってもらったレストランで食べたお菓子を思い出し、作って見たそうです。それは「クレープシュゼット....


    郷愁のウィーン・チターにのせて(10/27)第2報

    浜松市楽器のシャルフ教授チターコンサートの第2報です。 コンサートの中心はもちろんでシャルフ教授のチターソロですが、特別企画として、現在 浜松で活躍中の常石さやかさんとのチターデユオ、それに打越が加わってチタートリオが 計画されております。常石さんはオーストリアでシャルフ教授のお弟子さんでした。 コンサート当日、浜松にお泊りになられる方のためにホテル情報....


    マークノイキルヒェン チター セミナーに参加しました(S.Uchikoshi)

    今回のセミナーは4月18日から21日までの4日間、のどかな田園風景の広がる田舎町の 一角で行われました。25名の参加者に対して教授陣が5人、世話係も数名で和気藹々の 楽しいセミナーでした。10日ほど前までは10度を下回る寒さだったそうですがセミナーの期間中は とても暖かくて花も咲き始めていました。 私は今回8度目の参加....


    郷愁のウィーン・チターにのせて(10/27)第1報

    オーストリアのリンツにあるブルックナー音楽大学のチター科のW. シャルフ教授の チター コンサートとセミナーを開くことになりました。 詳しくは、このホームページのコンサート・セミナー情報のコーナーをご覧下さいませ。 また、セミナーについては、このホームページの....


    絃の張替え(春巴)

    しばらく、絃を張替えていなかったので、今日は大掃除を兼ねて絃の張替えです。 普段は、切れたり、悪くなった絃のみを張替えていましたが、今回はそうでないのも総入れ替え!グリッフザイテン(メロディー絃)が5本とフライザイテン(伴奏絃)が37本の合計42本の張替えです。 まずは、フライザイテンを数本づつゆっくりと外しては、弦楽器用ポリッシュで日頃ふいても取れなかった汚れを拭き取り、艶だし・・・。そしてそれぞれの絃を調律。30本くらい張替えたところで、放心状態!私は目が悪いので、絃を穴に通すのにもルーペを使ったりと一苦労・・・。やっとの思いで37本のフライザイテンを張り終えたと思ったら、もう....


トップページに戻る